実際は怖いインプラント治療

たくさんの歯科医院でインプラント治療のメリットを謳っています。「しっかり噛めます」「見た目もきれいです」「長持ちします」……。果たして本当にそうなのでしょうか? 確かにインプラント治療は優れたメリットがありますが、それは十分な知識と技術を持つ歯科医院で治療を受けた場合の話です。しかし残念ながら、そのような歯科医院はごくわずか。多くの歯科医院がインプラント治療の良い面ばかりを謳っているその裏側には、涙をこらえている患者さんがたくさんいらっしゃいます。

実際にこんな患者さんがいらっしゃいました

インプラントを打って、「はい、おしまい」(40代/男性)

「インプラントを入れたのに歯ブラシをあてると痛い……」と来院された患者さんです。お口のなかを見てみると、インプラントの周りの歯ぐきが傷だらけ……。通常、インプラントの周りは硬くて丈夫な歯ぐきでおおわれているため、ちょっと歯ブラシが当たったくらいで傷つくことはありません。ですが、この患者さんのインプラントの周りは、もともとの歯ぐきの質もあったのか非常に柔らかく、とても傷つきやすい歯ぐきでおおわれていました。

インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりと歯みがきをすることが大切です。とはいえ、この患者さんのようにインプラントが傷つきやすい歯ぐきでおおわれている場合は歯みがきがしづらく、せっかく入れたインプラントもすぐにダメになってしまいます。

インプラント治療をするとき、周りの歯ぐきが非常に柔らかい場合、硬い歯ぐきを移植して歯みがきをしやすい状態にする手術があります。しかし、この患者さんが通っていた医院のように、歯ぐきの移植手術が必要な場合だとしても行わないところもあるのです。

ただインプラントを打って「はい、おしまい」。これは本当に無責任なこと。こういった医院では、その後の面倒は見てくれません。「歯みがきをすると痛い」と伝えても、きっと「歯ブラシのときの力が強いのが原因ですね」と言われ、はぐらかされてしまうのでしょう。現にこの患者さんも、インプラントを打ってもらった医院でそう言われたそうです。

いい加減な治療計画のせいで……(40代/女性)

上の前歯に入れたインプラントを見てほしいと来院されました。2年前にインプラントを入れたようですが、ねじ山が見えてきて、膿も出てきていました。CT写真を撮ってみるとインプラントの周りに骨がなく、抜かなければいけない状態……。患者さんは2年前に時間と費用をかけたのに、もう抜かなくてはいけないことにひどく落ち込んでいました。術前にしっかりとした検査を行い、綿密な治療計画を立てて手術を行っていれば、このようなことにはならなかったでしょう。この患者さんも、いい加減なインプラント治療の被害者だと言えます。

CT撮影も定期検診もなし(40代/女性)

インプラントの揺れが気になって来院されました。インプラントの周りにはみがき残しがたくさんあり、レントゲン写真を見てみると、インプラントの周りの骨はほとんど溶けてしまっていて、インプラントを抜かざるを得ませんでした。話を聞いてみると1本10万円という安価なインプラントを入れたとのこと。しかし、治療内容を聞いてみるとCTも撮らず、また術後の定期検診もすすめられなかったそうです。

精度の高い治療を行うために治療前のCT撮影が必須ですし、長持ちさせるためには治療後の定期検診が欠かせません。しかし、この医院ではそのどちらも行わなかったそうです。これでは、ただ単純に「インプラントを入れた」だけ。患者さんのことを考えた治療、とは決して言えません。

歯科維新の会歯科医院への疑問・不安・怒り……歯科維新の会に聞かせてください

  • ページの先頭へ戻る